ガスケアプローチ― からだにやさしいお産を目指して ―

骨盤の底にあって子宮や膀胱を支えている筋肉群を、骨盤底(ペリネ)といいます。妊娠、出産に伴いペリネは大きな負担を受けるのですが、妊娠、出産、産後を通してペリネを正しくケアしていくことでこの負担を軽くすることが出来、みなさんの体形回復も早くなります。そして、尿もれや子宮脱といったトラブルを予防していくことが出来ます。

『ガスケアプローチ』はフランスのベルナデット・ド・ガスケ医師が考案した方法で、「正しい姿勢やからだの動き」、「正しい呼吸」を身につけることでペリネをケアし、尿もれや腰痛、便秘などのトラブルを予防していきます。ペリネケアの先進国フランスでも特に優れた方法とされ、日本でもいよいよ導入が始まりました。

当院では、ペリネを保護するための正しい姿勢を保持するのに有効な骨盤支持ベルトを、お産をされる方全員にお渡ししています。そして、ガスケアプローチクラスをはじめとした各種のクラスで、正しい姿勢やからだの動き、正しい呼吸を身につけていき、妊娠中から産後に至るまでのペリネケアを行っていきます。

ガスケアプローチは分娩方法ではありませんが、ペリネに負担の少ない体の使い方は、とても理にかなったもので、お産の進行を進める効果もあります。分娩台でのガスケアプローチの実践ももちろん可能なのですが、当院で実践している分娩台にとらわれない自由な姿勢を取れる方が、より選択肢が増えます。
お産の経過を通して産む人がとりたいと思う姿勢は変化していきます。とりたいと思う姿勢は、概ねその時々での無理のない姿勢であることが多いのですが、ガスケアプローチを通してみると、ここをこうした方がもっと楽、ここをこうしてみるとグッとお産が進みそう、といったポイントがあり、これを正していきます。お産を扱うスタッフにはそれを見極める目が求められます。

ガスケアプローチについては日本ガスケアプローチ協会Septanteのサイトにも詳しく載っています。基本的な知識はこのホームページのNewsの記事がわかりやすいです。一度覗いてみて下さい。

BACK